最近CMでまた人気のこの曲


22年前、スペインにいた時仲良かったルミちゃんが
中島みゆきのファンクラブに入ってて
私は「なんで中島みゆき?」と思ってたけど
いい曲なんだよとルミちゃんは
歌詞カード見ながら歌ってくれた。
この曲を最初に知ったのはその時、
グラナダの下宿先のピソの一室で
隣室の下宿生のスペイン語がかしましい中
おとなしいルミちゃんは恥ずかしそうな小声で
けれど真剣な面持ちで歌ってくれた。
中島みゆきは馬鹿にできない。

♪ 勝つか負けるかそれはわからない
  それでもとにかく闘いの
  出場通知を抱きしめて
  あいつは海になりました

 
♪ ああ 小魚たちの群れきらきらと
  海の中の国境を越えてゆく
  締めという名の鎖を
  身をよじってほどいてゆく

現実にすり寄って生きるのではなく
理想だけを見て生きたい、と思う。

頑張れ、と人が言ったら
「お前こそ頑張れ」と内心思う。
頑張っている人しか、
ヒトに頑張れとは言えない。

最近、ボブ・ディランってなんだったんだろうって考えた事があった。
別に答えは出ないけど。
彼の言動は当時、これから変わっていく何かを宣言しているんだろう、と
みんなが期待したんだろう。
けれど、彼は彼の歌の持ち主ではなかったし、
彼自身、自分の歌をよくわかっていなかったのかもしれない。
彼もいわゆる口寄せでしかなく。
そうして多分、彼の歌は詠み人知らずで残っていくんだろう。

中島みゆきはやっぱり日本のボブ・ディランなんじゃないかな。