またまた、まゆみさんのブログに付けた自分のコメント。
なんだか最近、自分のブログなんて必要かねって気分。
一か所書き損じがあったのでそこだけ今回直しました。
 

チリ産の養殖塩銀鮭はウチもしばしば買って食べていたので、もう買わないようにしようと思います。なんかのサイトに、チリ産サーモンは年3回(or~6回)が上限と書いてありました。

日本の商社は世界中の魚貝類を買い付けに行っています。昨今の回転寿司の繁栄ぶりはその結果でもありますね。世界の鮭の3分の1を日本の住人が食べています。
ヴェネスエラの友人の話では、南米はヨーロッパ系の移民が富裕層の多くを占めていて、古くからの現地人(言葉が正しくない気がするけど)とは意識が随分違うんじゃないか、という事でした。チリワインもロスチャイルドのアルマヴィーヴァが評価されてからめきめきシェアを伸ばしていて、チリのその経済的な成長ぶりが、なんとなくあぶなっかしい感じがします。反対意見が多数だとしても、2025年までに原発建設する考えを示してフランスと交渉していて、研究炉はすでに2基あるそうです。

チリは高い山々があり、ミネラル豊富な川の栄養が流れ込む沿岸は小さい島々並ぶフィヨルドで、恵まれた漁場のはずでした。実は結構、漁場としては日本の三陸に似ているのかな?って思ってるんです。地震の多さも似ていますね。南北に長いっていうのも似ています。だから、日本の商社が目をつけやすい国のような気がします。太平洋を挟んでちょうど「裏」って感じがする。

日本の養殖の歴史は古くて1000年以上。でも淡水魚だけだったみたいで、海水魚の養殖は昭和3年のハマチが日本では初だそうです。民俗学の本によると、最近まで、マタギが鮎などの淡水魚を温泉場に売りに行ったり、山間部の民が塩分補給するために塩漬けの魚や丸干しが流通するという感じで、実は昔も魚を常食する習慣は一般的ではなかったんじゃないかな、と思います。

ファミレスや給食でも使われているという白身魚ナイルパーチ。イギリス植民地時代、ビクトリア湖に外来種である肉食ナイルパーチを放ち、草食系の魚しかいなかったビクトリア湖の生態系を破壊していると言われています。これに関したドキュメンタリー映画に「ダーウィンの悪夢」があります。私は見てないけど。

でもこの映画も随分嘘があるらしく、自然派活動家とか映像作家も評価が欲しくて作るから、本当のことだけではないみたい。ビクトリア湖を利用しているのは実は商社や企業だけじゃなく、それらに反対を唱えている人も同様なんですね。
悪いことに、後者の左翼系の人たちはデータや数字に弱いから、半分が本当のこと言ってても、半分がいい加減だから、結局は山師みたいに映ってしまうし頼りない。

もちろん、ナイルパーチや養殖魚は減った方がいいのは事実だし、食べない方が良いに決まってるんだけど、それとは別にどっちの意見にも入れ込み過ぎない姿勢っていうのは大事かなって思います。捕鯨の問題もそうですね。世界中の伝統漁業が破壊され、養殖魚が市場の半分以上になりつつある中で、日本の伝統的捕鯨という立場もナンセンスだし、鯨だけを別格視する活動家もナンセンス。これも本当の問題から目を逸らすための装置なんでしょうね。

最近ニュースをにぎわすバナメイ海老の高騰もそう。ブラックタイガーよりも生産性が高くて(=生育が早い)、過密と病気に強いっていうふれこみでバナメイ種が主流になりつつあったんだけど、やっぱり病気になった。

ちなみにブラックタイガーは養殖だけど、網で囲い込んでいるだけで餌をやらないのでほぼ天然です。ただむきエビになっていると薬品を使っているので、天然の殻付き冷凍有頭エビ=ホワイト種がスーパーで売っている中で1番安全かと思います。
鮭は紅サケだけ養殖はなく、全て天然です。日本では取れないので、北海道産となっているものは北海道の漁船がとっただけで、カムチャッカ産です。アメリカ産となっているものはアラスカ・ブリストル湾産です。脂はカムチャッカ産=ロシア産の方が乗っています。
時鮭は白鮭で、秋鮭とものは同じです。秋鮭が産卵と同時に美味しくなくなるので、産卵時期は秋鮭と呼び、それ以外の時期を時鮭と言います。秋鮭時鮭は北海道産や宮城産が主流です。原発以後、天然ものにたいする判断も難しくなってきましたが、大きい魚は大抵回遊魚なので、西の産地であっても難しいです。鯵は黄鯵は回遊しない地鯵です。九州産の黄色い鯵はリスクは低い方だと思います。

以上、スーパーの鮮魚部門のパートの意見です。

| 森 | 2013/12/12 20:38 |