かなり誤解されそうなのだけど、というか、
実は誤解でもなんでもなかったりするのだけど、
私はあんまり、
ベテランの、この道ウン十年とかの経験保有者が語る、
その道の極意的な、悟り的な語り、というのが好きになれない。

これは私側の卑屈さが原因なのかもしれないけど、
どうしたって説教臭く思えるわけです。
お年寄りは大切に、と思いつつも、
やっぱりdon't trust over thirtyでいたい。
(ってなると、自分のことも信用できないんですけどー!羽交い絞め~)

確かにその人にとっての確信めいたものは、
ある真理をついてはいるでしょう。
でも、「私はこうなんじゃないかなぁと思う」くらいの、
多少、自分の会得したものに対する疑念を最後まで持ちながら、
断言しきらないところに私は知性を感じるし、
聞く側と何か対等なまなざしを持とうとするその人の気持ちが、
ただ嬉しいし、素敵じゃないですか。

とりわけ最近何かを始めたばかりの、
うきうきとしたフレッシュな報告などは、
聞いていてもとても楽しい。
子供の「初めての出来事」を語るさまなどはただただ垂涎の的です。

先日、NHKのロシア語講座をぼんやり見ていたら、
ロシア革命のことをやっていた。
私はレーニンは嫌いではない。なかなか良い顔をしている。
スターリンが意地悪そうな傲慢な顔をしているのに比べて。
スターリンが嫌いだからレーニンが良く見えているのかもしれないけど、
そのスターリンも影武者の方なのかもしらんが。

最初レーニンが目指したことはいいことだったんだろうと思う。
けれど、やはり何事も実際やってみると、
うまくいかないことがあるのが普通。
そういう局面に達したら、
こういうところがやっぱりうまくいかない、と言って
一旦ロープブレイクしちゃいけないんでしょうかね?
だれかいいアイデアない?って聞いちゃいけないんだろうか。
実際、1人の人が何から何まで万能に分かるなんてこと無いし。
結局はブレインストーミング的なやり方しかない気がする。
そして自分はリーダーから降りて、
別の新たなリーダーを見つければよかったんじゃないか。

そうすればスターリンが権力を握ることを、
レーニンは阻止できたんじゃないだろうか。
レーニンはスターリンを嫌がってたけど、自分のせいもあるじゃんか。
ある座に長く居続けることは、
結局、自分の立場を正当化するために生きるようになってしまう。
そうなるとせっかくの当初の素晴らしい理念にまで泥を塗ることになる。
カストロはこのまま長寿を全うしそうだけど、ゲバラは39歳で処刑された。
権力の座に収まったカストロよりも、
動き続けるゲバラの方が恐ろしかったってことだろう。

中島みゆきの曲に
♪ガキのくせに、と頬をうたれ 少年たちの目が年をとる~
っていうのがある。
「いずれわかるよ」とか「私にもそういう時期あったけど」とか
若い人や経験の浅い人に言っちゃう人いますね。
話し聞いてるふりして自分のドーダ話にすり替えてしまうという。
そんな話されると、黙っちゃう。
めんどくさくて黙っちゃう。
こうして周りが黙るから、
この手のめんどくさい人の声や意見ばかりがまかり通ってしまう、という悲劇。
相手に二の句を出させないとか黙らせるっていうのは暴力ではないか。
黙らせておいて勝ち誇る人の、なんと多いことか。

ハンセン病患者に対して長年差別をしながら、
やれ中国は人権意識が低いとのたまう。
放射能ばらまいておいて、
イタイイタイ病や足尾銅山事件も終わってないのに、
中国を環境汚染の元凶のように言う。
やれカンボジアに学校を作ろうとか言っちゃう。
これ全部みーんな、相手に「ガキのくせに」って言ってるのとおんなじだ。

戦う君の歌を笑わないでいられるのは、
今も同じように戦っている人だけだ。
再現性だけでなく、
たった1回きりのことをkagakuすることができたなら、
どんなにいいだろう。